読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭菜園日記と健康法

サラリーマンの健康に関する記事を中心に発信していきます。家庭菜園や健康法&料理の仕方&生活や暮らしのことも書きます。

サラリーマンは知らないと損をする!ー肝臓の超重要な役割とその機能!


【衝撃】お酒以外にもあった肝臓を悪くさせてしまう3つの食べ物知ってますか?身近にある意外な食べ物がヤバすぎる・・・嘘のような本当の話


今日もご来訪本当にありがとうございます!

今回は、「腸や肝臓のお話」3番目番です!

これも本当に体にいい記事ですよ(*'▽')!!

それではいってみましょう!


腸や肝臓を大事にしよう!

 

◎肝臓は肝心かなめの重要臓器

 


【一番大きな臓器は肝臓】

1.2キロから、1.5キロ位もあるんです。

形は三角形型で、右葉と左葉にわかれていて、右の助骨のなかにありますね。

ご自分で、一度確認あれ!

ここは急所なので、ボクシングでもよく狙われるところ!


【毛細血管の役割とは?】


 肝臓の中には、毛細血管が張り巡らされており、3000億個の肝細胞の

あいだを血液が流れていて、

肝臓には冠動脈と、門脈という太い血管があり、

冠動脈は酵素を供給し、門脈は栄養分を運びます。

その2つの太い血管から、

1分間に1.5リットルという血流が流れ込むんです!

凄い量でよすね!

 

 【大切な毛細血管と酵素の役割!】

二つの血管が枝分かれをして、酵素と栄養を届けています。

門脈が運ぶ栄養成分は、酵素が数百種類も使って代謝されて、


体全体の各部にで適応しやすく再合成されます。

その際の科学反応は、1万種類以上にもおよぶんです!

 

【「肝心かなめ」という言葉のもつ意味】

その言葉のとおり、肝臓は体内の臓器の中で心臓と同じくらい重要な臓器であり、

代謝、②解毒、③胆汁の生成、を行っています。

 

まず①の代謝ですが、胃や腸で食べたものが消化され、

吸収されやすい形で、門脈を流れる血液によって

肝臓へいったん運ばれ貯蔵されます。


そこで、体の各部で使いやすい形となって物質代謝、つまり、

各部の適応する形の臓器に運ばれていくのですね!

 

体内に入ってきた薬やアルコールなど有害物質と、

体内作られたアンモニアなどが解毒されて

それらが、尿や便となって体外へ放出されるわけなんすよ。


 【胆汁って何?】

胆汁は、脂肪の分解、あぶらに溶けやすい脂溶性のビタミンの

消化や吸収を助ける働きをするんです。


肝臓が分泌した胆汁は、胆管を通って胆嚢へ運ばれて、

そこで濃縮されます。

胃から十二指腸に流れてくる、たべものが消化・吸収されるのを

助けるために十二指腸に胆汁が放出されるというわけ!

 

【肝臓は一度っきり?&「沈黙の臓器」とは?】

たとえ半分死んでしまったとしても、

ほかの肝細胞がカバーしてくれるのですね。

ですから、よほどのことが無い限り、

「肝臓が悪くなってるかも?」と病院へ行くことは無いのです。


このことで、世に言う「沈黙の臓器」なのです。

シークレット!こわいですね!

でも、再生する機能はちゃんとあるんですね!

 

【抜け毛から思い出したこと】

肝臓がお酒や、食べ過ぎ、便秘などで弱ると

まず、体力がなくなり、元気がでません。

気力も激減しますし、何より、仕事に身が入りませんね。


外で、お仕事をしている方は、勿論、家庭の主婦業にも影響しますね。


それに、男性は抜け毛も多くなります。

私は、弟が死んでいくのを見て、それを如実に痛感しました。

肝数値が以上に高くなり、その結果、どんどん髪の毛が抜けていくのです。

入院前は、便秘がちでしたね。

便が詰まると、胃腸に宿便もたまり、悪玉菌で腸内環境が極端に悪化し

肝臓に影響します。

やがて、それが肺に来るんです。

そして、最後には、心臓に回ってきます。

結局、死を覚悟しないといけなくなるから、

本当に肝臓の働きは重要ですね。

今回は、動画で、肝臓を悪くする恐れのある3つの食べ物を

ご紹介しましたので、是非、ご覧くださいね!


~~~~~~~~~~~~~~~

はい、今日はここまで!

 

次回をお楽しみに!

最後までお読みくださり有難うございました!