家庭菜園日記と健康法

サラリーマンの健康に関する記事を中心に発信していきます。家庭菜園や健康法&料理の仕方&生活や暮らしのことも書きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「核は本当に、三度落ちないのか!?」ー非常事態には備えあれば憂いなし!

ご来訪誠にありがとうございます!

さて、今回は「家庭菜園」を一旦お休みとして

最近、大変緊張感が高まっている「北朝鮮の情勢」について自分なりの考え

を述べたと思います。

無視できない、とっても気になることなので、

それでは、皆さんも、ご一緒に考えて下さいね。

そうですね、例えば次の様なご意見がありました。

~~~~~~~

2017年04月24日   山猫日記で、浦 さんは

昨日のご自身のブログで「北朝鮮危機を正しく恐れること 」

次の様に書かれていました。

北朝鮮をめぐる情勢が緊迫の度を増しています。一部報道によれば、
新たな核実験の可能性や、その他の挑発の可能性が取り沙汰されています。
米国側からの先制攻撃が近いという観測もあり、あたかも戦争前夜であるかの

ような雰囲気です。

(略)現状の情報でもって、事態を煽っている「専門家」たちは、
たいした根拠を持ち合わせないでやっているのです。」

(略)結論から言えば、私は米国の側からの先制攻撃はないと思っています。」

とし、その根拠として

①米国が核保有国を先制攻撃したことは過去一度もないという歴史的事実。

②米国政治に存在する外交・安保政策をめぐる諸派を考えたとき、

攻撃に至るシナリオを想定しにくいという点です。(略)以上見てきたように、米国に存在する外交・安保の諸派が重視する点や、政権内の影響力を総合すると、米側からの先制攻撃の可能性は低いことがわかる・・・しかし、私は現状が危険でないと言いたいわけではありません。ずっと危険だったと言いたいのです。」とありました。

さらに、☆北朝鮮の側からの暴発の可能性はいつでもあり得ることを書かれ。また、

金正恩体制にどのような情報が集められ、どのようなプロセスで意思決定が行われるのか、本当のところは誰にも分らないからです。」とも述べられ、

北朝鮮はすでに核保有国です。約20発の核弾頭を保有するという情報もあり、
米国による先制攻撃が仮に成功したとしても、地下軍事施設と潜水艦搭載を通じて(能力はまだ低いものの)第二撃能力を持っていると言われています。

であるからこそ、・・も事態の鎮静化と、平和的手段を通じた解決を強調しています。

米政権が軍事オプションを封印することはあり得ませんが、実戦の可能性はその点を踏まえて検討されるべきです。」と書かれています。

 

さらに、

「では、日本には何ができるかという点ですが、これが大変難しいのです。

実は、解はないと思っています。軍事オプションが現実的でないとしても、

外交オプションにもそれほど期待はできないからです。

そもそも、北朝鮮政策をめぐる軍事オプションについて、日本は一人前の主体ですらありません。」

と書かれさらに、

「・・私は、現状の「対話と圧力」を、「国交回復交渉と軍拡」へと

バージョンアップさせるべきと申し上げてきました。

もっと言えば、日本も核抑止への当事者となるために非核三原則のうちの「持ち込ませず」を撤回して、米国との核共有を進めるべきと思っています。・・」

と、このような、結論にいたっていましたね。

お読みになった方も少なからずおられることでしょう。


☆ここで私が申し上げたいのは、

アメリカに先制攻撃のシナリオが仮にないとしても、三浦さんもご指摘のとうり

北朝鮮からの暴発の可能性は何時だってあり得る」と言う点を踏まえたならば、

結局は、「金体制が体制に行き詰って自暴自棄になって、自殺行為として核ミサイルを使うことは十分あり得ることはないのでしょうか?」と言う事です。

以上を踏まえたならば、要するに

 ①『「今は戦争前夜でない」と言い難いのではないか?ということです。

また、

②「日本は外交もあてにならず、軍事は一人前の主体ですらないとしアメリカと核共有を進めるべきだ。」と言う事でした。もしこれが正論ならば、それこそ今が非常事態になっていることでしょう。

③『日本は何らかの意味で外交面・軍事面の両方で主体性を取り戻す必要があるのでは?』と考えます。

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 北朝鮮の問題はすでに有事と言える状態です。
 明日は北朝鮮の軍創建85周年の節目です。
 北が核実験かミサイル発射をすればアメリカは攻撃する見込みです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

という見解は本当に誤謬なのでしょうか?

時期は5~8月へとずれることもある可能性も含めて、私には、はっきりわかりませんし断定もできませんが、何となく「きな臭い匂い」もしないではありません。

 

  ☆最近話題の「幸福の科学」という団体がYoutube動画を繰り返し

アップしているものの中に、比較的、私の感じているシナリオと共通する動画がありましたので、みなさん、参考までに、どうぞご覧ください。

 

1

家族の安全のために必要なこと
https://youtu.be/S3x5-fLKAdw


 2

改めて、北朝鮮のミサイル阻止を!
 https://youtu.be/keu78IE4tr8

(私は幸福実現党の党員ではありませんよ。念のため。)

 

しかし、この動画を観たあとは、

『非常事態に陥る最悪の場合を想定しておいた方がベターなのでは?』

と思い記事をしたためました。

 

この動画を観ると、「日本が戦場になる可能性があるとか、東京が危ないとか、ミサイル発射後7分以内に、地下に潜った方がいいとか、口をハンカチで抑えた方がいいとか・・・」。それなりの対応・警告が示されていました。

 

☆もし、予想が外れた場合でも、「備えあれば~」は、損はしないです!

◎こんな時こそ私たち日本人は、

 「自暴自棄」ならぬ、「自給自足(家庭菜園)」でいきましょう!

(*^-^*)

 

最後までお読みくださり有難うございました!

次回から、また「家庭菜園・健康ブログ」を続けていきますので

どうぞよろしくお願い申し上げます。